FC2ブログ

記事一覧

わんこの手作り食

犬 猫の手作り食

気負わず気軽に・・・

愛情たっぷり栄養たっぷり

たのしくたのしく作りましょう♪


今日の3わんこの手作り犬ごはんはコチラ
20130220_204159.jpg




材料
だいこん
にんじん
ぶなしめじ
ブロッコリー茎葉(主に茎)
カットわかめ
白ごはん


生馬肉赤身50g
生馬肉内臓MIX50g


ハーブパウダー(ネトル・ローズマリー)
卵殻パウダー


①肉を解凍しておく(冷蔵に移し、ゆっくり解凍した方がドリップが出ず栄養が逃げずにすみます)
②野菜類をみじん切りにする(小さく切った方が慣れていない子は消化しやすいです。特にきのこ類)
③野菜を煮たらごはんを投入、野菜おじやを作る(慣れていない子は柔らかいおじやにしてください
 うちの3わんこはもう慣れているのでごはん投入後はほとんど炊きません)
④人肌程度に冷めたら馬肉、パウダー類をトッピング


完成






たんぱく源100g
おじやは馬肉の約1.5~2倍の量(体積)
※おじやにした状態でこの体積です。通常の白ゴハンの場合はそこまではありません。
基本的に白ご飯:野菜類:肉類が1:1:1で考えていただければOKですが
量や割合は日常の様子や体型や年齢生活スタイルで変更してあげてください。


卵殻パウダーはカルシウムのサプリメントの代用です
犬にとって重要なカルシウムとリンの比率は1.2:1
リンは肉に多く含まれますので、この馬肉の量であれば大体耳かき2~3杯程度の卵殻パウダーが必要になります。
出来ることならば、手作り食で不足しがちなカルシウムは卵殻パウダーやサプリメントで補給してあげたいものです。






※これは6kg前後成犬 運動量 中(避妊去勢済)の一日の量のです

あくまでこれは例ですので、みなさんが手作り食を実施される場合の量はパートナーの様子を観察しながら量を

調節してあげてください。犬も人と同様、代謝の量が違います太りやすい痩せやすい活発おっとり散歩の距離

み~んな違います。適した量・・・それはパートナーを一番知るあなたしかわかりません^^

よく観察してから量や食材を調節してあげてください^^

わたしは、『あ・・・少し太ってきたかな?』と感じた時は炭水化物の量を減らします。

まずは標準的な量からスタートし、調節していってください♪





※食事内容に制限のある子はかかりつけの医師に相談し、食事を与えて下さい。





Alegriasdog-アレグリアスドッグ-☆specialウェブサイトリニューアル完成☆



てんちょうの犬・猫に対する思い

食事の大切さ・レシピ・馬肉の説明も載っています。

是非ごらんください。





ペット用馬肉販売 犬・猫おやつグッズ販売 トリミングサロン ペットホテル

Alegriasdog~アレグリアスドッグ~


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録

if ( !CheckField555771("fldlastname", frm) ) { alert("\u304A\u540D\u524D をご記入ください。"); return false; } return true; }
メルマガ登録       フォームです☆^^☆
お得な情報や、セミナー情報、ペットと楽しく暮らすためのマメ知識を送信します♪たま~に手作り食レシピも♪
Email *
市区町村 *
お名前 *
* 必須項目
Powered by Benchmark Email

プロフィール

てんちょう

Author:てんちょう

最新記事

カウンター☆

最新トラックバック