FC2ブログ

記事一覧

ペットの手作り食、この作り方で大丈夫?

ペットと呼ばれる犬や猫の手作り食を始めたばかりのころ・・・・


この作り方で大丈夫なのか?
野菜はこれはいれてもいいの?
切るサイズは?
油でいためてもいいの?

などなどいろいろな不安や疑問がわいてきますよね
私も実際にはじめたばかりのころはそんな疑問にふりまわされ多すぎる情報に不安になっていました。


でも、今は『ある程度の基礎知識を持ち、度をすぎたことをしなければ、何でも大丈夫』だと思っています。



実際我が家のわんこだってたまごかけゴハンの時もあるのです。
それでも元気もりもりに現在12歳ぴちぴちのシニアドッグです。
確かにウェブで検索をかけると様々な情報が出てきたり飼い主さん同士のお話でペットフードじゃなきゃ病気になるのよ!トマトは危険なのよ!等々と言われ困惑することもあるでしょう。
私も過去散々困惑しましたから・・・w
それでも今私に揺るがない自信があるのは、8年間手作り食を続けてきて我が家の犬が内面、外面共に輝いている実績。
そして論文ベースの情報のもと、私にとってはですが大金を払って(ココ、重要です(笑)高くて泣きそうです(笑))日々学ばせてもらっていること。

1つ例えると野菜は不消化物だから体に悪い。または小さく切る。という話・・・・。
不消化物の判断は食物繊維量による。
食物繊維量が多ければ多いほど消化分解されず、排泄されるため便も大きくなる。
確かに野菜は肉に比べると食物繊維量は多いだろうけど、消化されなかったものはそのまま通過して排泄されるだけであり
何も負担にはならない。
むしろ、腸内の善玉菌にとっても食物繊維は有効であるため腸内環境にとっては負担どころかいいのではないか
排泄機能が正常に働いているのであれば、野菜は不消化物だからといってミキサーにかける必要はない。
ビタミンに関しては水溶性ビタミンは煮ることにより、脂溶性ビタミンは炒めることにより、しっかりと吸収できる形になるから。
小さくすると面積が増えるため、ビタミンの流出は増えるかもしれませんが、大きいからと言って喉につまるサイズでなければ腸の負担にはなりませんね^^

そしてうちの子は、私が雑なので大きく切られた野菜を食べさせられるので器用に消化できるようになったw
どんなにデカイにんじんもうんpには出てこない


なので、『犬猫の手作り食の基礎知識』をウェブで検索などではなく正しい場所である程度学んでおけば
自信を持っていろいろな方法で手抜きごはんを作れるのではないかと思います^^。


ちょっと手作り食始めたいな~って思ったらてんちょうに声をかけてくださいね^^♪

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

メルマガ登録

if ( !CheckField555771("fldlastname", frm) ) { alert("\u304A\u540D\u524D をご記入ください。"); return false; } return true; }
メルマガ登録       フォームです☆^^☆
お得な情報や、セミナー情報、ペットと楽しく暮らすためのマメ知識を送信します♪たま~に手作り食レシピも♪
Email *
市区町村 *
お名前 *
* 必須項目
Powered by Benchmark Email

プロフィール

てんちょう

Author:てんちょう

最新記事

カウンター☆

最新トラックバック